アメブロ – 須田亜香里*約2年振りの制服の芽公演(・⌒+)☆ミ

須田亜香里*約2年振りの制服の芽公演(・⌒+)☆ミ

2015-03-06 11:35:15
テーマ:12月のカンガルー(須田亜香里)

おかえりなさい♪

o0768102413236704410

勇気凛々

あかりんりん
みんなも一緒に?

あかりんりーん(^o^)/

あかりんこと
須田亜香里です!!!

皆さん読んでくださったり
コメントくださったり
ありがとうございます( ´ ▽ ` )
昨日は約2年振りに
制服の芽公演に出演させていただきました!!!

o0768102413236704409

まず、何から書いたらいいだろうか。
って感じですが、、

私がかつて制服の芽公演に
出演した3年半で追いかけてきた先輩の背中や
学んだことだったり

チームKⅡやEでの時間を通して
変われた自分だったり、、

昔の私になかったものを出せたらいいな。
私もあの時の先輩みたいに
引っ張れる人に近づけてたらいいな。

って思っていたのですが、、
本当に一人一人のメンバーに
そして足を運んでくださった一人一人の方に
引っ張ってもらった公演だったことが
めちゃくちゃ嬉しくもあり

悔しくもメラメラも感じた公演だった。かな★

そしてその感情こそ
出演させていただいた
私への大きなプレゼントだったと思っています*
それから!
私がリーダーとして
チームEの皆にしてあげられることも
まだまだたくさんあると
宮澤さんというリーダーを側で感じて改めて思えた。
AKB49の時からヒシヒシと感じていたけど
やはり偉大な先輩です。

o0735102413236704412

MCでも話題になったのですが
宮澤さんファンの皆さんと須田ファンの皆さんで
サイリウムとコールを
負けじとしてくださったのは
嬉し恥ずかしかったなぁ(._.)♪照

とはいえそれは
バチバチというよりは
メラメラって感じで

張り合いになってるわけではなかったところが
素敵だなぁと思ったし
他メンバー推しの皆さんも
私と目が合うと笑ってくれたりして、、

チームを超えて
皆で一つのSKE48の公演を創ることが
やっぱり楽しくて
そうさせていただけることが
本当に嬉しかった(o^^o)
一緒に創ってくださった皆さん
会えなくても想ってくださった皆さんも、、
ありがとうございました!!!

o0800060013236704411

それから!
すーーーーんごく嬉しかったのが

同期の後藤理沙子がセンターの公演に出られたこと。
3期生で一緒に受かった時は
りさこはまだ小学生で
私の6コ年下のSKE最年少。

ナルシストキャラ?で
今もだけど滑舌が甘くて笑
いつもどこか目を引く魅力がにじみ出ていて
ブログでの独特の観点が昔から相変わらず面白い子♪

そしてそのりさこと私は
ずっとチームは離れ離れ。
その間にもあの子の中で
きっと悩むことや
プレッシャーになってしまっていたこととか
あったのかなぁ。って
昨日の夜のりさこのGoogle+を見て
そんなことを感じた。
でね!昨日は
そのりさこがセンターの公演!

誰にでも優しいりさこが
メンバーみんなからも
本当に愛されて
信頼されていることを
ステージでもたくさん感じて
すごく嬉しかったよ。

りさこが越えてきた壁
これから越えていくであろう壁、、
本当に色々あると思う。
でも何より
りさこがこれまで通り一生懸命でいてくれて
無邪気に笑っていてくれる。

本当にそれだけで
他の誰にもない魅力が
たーーーっくさんりさこに溢れていることに
これからも自信を持っていて欲しいな♪

笑っているりさこが、
頑張り屋さんなりさこが、
みんな大好きだよ(o^^o)

o0768102413236704413
改めて私も前に進もう。
そう思わせてくれる一日をありがとうございました!

今日は朝から一つ任務をさせていただいてきました♪
夜は「アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48」
大ヒット御礼 裏トークショー付き上映会で
TOHOシネマズ日本橋に
大矢真那さんと斉藤真木子さんと
お邪魔してきます★

充実だー!
今から谷真理佳とお昼ご飯いってきます!
引き続きファイトです♪
須田亜香里(・⌒+)☆ミ

●12/13の須田亜香里
振替握手会について
http://spn.ske48.co.jp/news/?id=1424057888
●New Roses Webインタビュー
http://newroses.sankei.co.jp/smp/news/life/article/150215/lif0002-s.html
発売中●EX大衆→熊崎晴香ちゃんと!
●UTB+→ソログラビア
●AKB48新聞→熱ーい対談
●SPA!→懐かしい姿
●BUBKAさん→高柳明音さんと対談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です